用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

Wi-Fi 6

概要

 Wi-Fi 6は新たに登場した「Wi-Fiの第6世代目」を表す。正式な規格名を「IEEE 802.11ax」という。

特長

 Wi-Fi 6の登場にともない、既存のIEEE 802.11nをWi-Fi 4と呼び、IEEE 802.11acをWi-Fi 5と呼ぶようになっている。

 Wi-Fi 6はWi-Fi 5に比べると、通信速度、複数の端末が同時接続した環境における通信の安定性、接続する端末の省電力性などが進化している。

 通信速度は、Wi-Fi 5に比べて最大40%程度向上するとされている。Wi-Fi 5では最大通信速度が6.93Gbpsだが、Wi-Fi 6では約1.4倍の9.6Gbpsになる。実効スループットでは1Gbpsまで期待できる。

 Wi-Fi 6では新たに「OFDMA(Orthogonal Frequency-Division Multiple Access:直交周波数分割多元接続)」いう技術が採用され、複数の端末が同時に接続した混雑状態でもスループットは落ちないとされている。

 「TWT(Target Wake Time:ターゲットウェイクタイム)」という技術により、Wi-Fi利用端末の通信機能をスリープ状態にして端末の省電力を向上している。

 Wi-Fi 6を搭載したスマートフォンやノートパソコン、対応ルーターも商品化されている。

 2.4GHz帯と5GHz帯を使用するが、加えて6GHz帯を利用するWi-Fi 6Eが拡張仕様として発表されている。

Wi-Fi 6と5G

 Wi-Fi 6と5Gは、どちらもモバイルで高速で大容量のデータを送受信できる規格である。Wi-Fi 6は限定されたエリアでの通信に使い、5Gは基地局を経由して広範囲の通信に使うなど、使い分けることで相互補完の関係になることが期待されている。

一覧に戻る

「ビジネスの最適解」をお届けします 無料ダウンロード資料


メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集


イベント・セミナー情報


ICTコンサルティングセンタ

ページトップへ

close