用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

ホワイトハッカー

概要

 ホワイトハッカーはコンピューターやネットワークの高度な知識と技術を持ち、それを良い目的のために活用してサイバー犯罪の発生を防止するセキュリティの専門家のことを言う。政府や企業から依頼されて、セキュリティ診断やサイバー攻撃への防御策の構築などを行う。

背景

 もともとハッカーという言葉はコンピューターの専門家という意味合いであり、善悪の区別はなく、むしろ称賛を集める存在の意味合いが強かった。しかし時代とともにハッカーはコンピューターやネットワークに侵入して犯罪行為を行う人たちを示すようになってしまった。そこで悪意あるハッカーからサイバー攻撃を防いだり、セキュリティに対策する活動を行うハッカーを、特にホワイトハッカーと呼ぶようになった。

 同種の仕事にセキュリティエンジニアがある。同じ意味に使われる場合も多いが、しいて言えばセキュリティエンジニアは、セキュリティ対策を組み込んだシステムを構築するエンジニア、ホワイトハッカーは実際にコンピューターやネットワークに侵入を試みて、サイバー攻撃やハッキングを防ぐエンジニアとして区別されることもある。

仕事内容

 政府機関や企業といった依頼者のコンピューターやネットワークに侵入を試み、セキュリティの問題を発見してそれを指摘・報告する。それを踏まえてさまざまな攻撃やハッキングなどのトラブルを想定したセキュリティの高いシステムの設計・実装に関わることもある。さらに擬似的なサイバー攻撃やハッキングを行ってシステムの脆弱性テストを行う。近年政府機関や企業が募集したり、独自に育成するケースも増えている。

 特に資格はないが、コンピューターとネットワークの高度な知識と経験が必要となる。ホワイトハッカー専攻のある学校も近年は現れている。

一覧に戻る

「ビジネスの最適解」をお届けします 無料ダウンロード資料


メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集


イベント・セミナー情報


ICTコンサルティングセンタ

ページトップへ

close