用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

Tier1

概要

 Tier(ティア)は階層を意味する。インターネットはプロバイダーの大規模ネットワークが相互に接続してできているが、Tier1(ティアーワン)はその第一階層に位置する最上位のネットワークもしくはプロバイダーを意味する。

プロバイダーの階層

 インターネットの通信が迷わず目的地に届くのは、プロバイダーのルーターがインターネットに存在するすべてのアドレスに到達するための経路情報を持っているからである。大規模なネットワークの中でも海外へのルートも含め、すべての経路情報(フルルート)を持つごく一部のプロバイダーをTier1と呼ぶ。

 とはいえTier1の1社ではインターネット上のあらゆる経路情報を把握することはできない。そこでTier1同士が接続し、それぞれの持つ経路情報を交換し合うことでフルルートを入手している。このようにTier1同士がお互いのトラフィックを他のネットワークを介することなく交換して相互接続する形態をピアリングという。

 プロバイダーは経路情報の多さで、Tier1>Tier2>Tier3という階層ができている。より大規模なプロバイダーに使用料を払うことで経路情報を提供してもらい、上位プロバイダーのネットワークを使わせてもらい、自分だけでは到達できないアドレスにトラフィックを運んでもらう。これをトランジットという。

一覧に戻る

「ビジネスの最適解」をお届けします 無料ダウンロード資料


メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集


イベント・セミナー情報


ICTコンサルティングセンタ

ページトップへ

close