用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

テザリング

概要

 テザリング(Tethering)とは、例えばスマートフォンやモバイルルーターなどのインターネット接続機能を利用して、ノートパソコンやタブレット、デジタルカメラなどの他のデバイスをインターネットで通信できるようにする仕組みのこと。

背景

 今日では多くのデバイスがWiFiやBluetoothなどの無線ネットワーク接続方法を有しているが、通信カードや回線契約なしではインターネットに接続できないケースも多く、利便性に欠ける。そこでテザリングを使うことで、これらを準備することなくインターネット接続を実現できる。デバイス間の通信にはWiFiやBluetoothの他、USBを用いるものがある。1台のスマートフォンで複数のデバイスを接続することも可能である。

 ユーザーにとっての利便性や接続性は高まるものの、他のデバイスでのインターネット利用が実質無料になり、データ量の増大により回線負荷が高まるリスクがあった。そのため、かつてはテザリング利用が禁止されていた時期もあったが、現在は通信速度制限など一定の条件でテザリングを利用できるようになっている。

課題

 スマートフォンを通じて送受信される情報を管理できないため、テザリングにはセキュリティ上さまざまなリスクが潜んでいる。例えばパスワードをかけないでテザリングを行ったため他のユーザーから不正に接続されたり、あるいはハッカーが無線通信を傍受してログイン情報やパスワードを盗難するなどのリスクがあるため注意が必要である。

一覧に戻る

「ビジネスの最適解」をお届けします 無料ダウンロード資料


メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集


イベント・セミナー情報


ICTコンサルティングセンタ

ページトップへ

close