用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

SMTP

概要

 SMTPはSimple Mail Transfer Protocolの略。インターネットなどのTCP/IPネットワークで、メールを「送信」するための通信プロトコルとして標準的なもの。SMTPはメール送信において、メールソフトが送信用メールサーバーにメールを転送し、さらに相手の受信側メールサーバーまでメールを届ける役割を果たす。なおSMTPがメール「送信」の通信プロトコルなのに対応して、メール「受信」の通信プロトコルにはPOP3やIMAP4などがある。

関連項目:POP

課題

 SMTPを使ったメール送信の仕組みはシンプルなもので、インターネット初期から基本的に変わっていない。近年、なりすましメール、迷惑メール、メールの盗聴が問題化していることから対策が加えられている。

 ドメイン認証は、申請されたドメイン(example.comなど)と照合することで、送信者のメールアドレスのドメイン名が正当なものか判定し、偽装と判定されるとメールの受信を拒否する。ドメイン名を偽装したメールアドレスの使用に対して有効な対策の1つである。

 悪意のある第三者やサーバー乗っ取りなどによるメール送信も増加していることから、SMTP認証(SMTP Authentication)が広く使われている。これはSMTPサーバーへメールを送信する時に、本人認証を行って正しい利用者であることを確認してから送信する。

 またSMTP自体にはデータの暗号化の機能は用意されていないので、暗号化技術を用いて、SMTP通信全体を暗号化するSMTPS(SMTP over SSL/TLS)によりメールの改ざんや盗聴などを防止している。

一覧に戻る

「ビジネスの最適解」をお届けします 無料ダウンロード資料


メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集


イベント・セミナー情報


ICTコンサルティングセンタ

ページトップへ

close