用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

スマートロック

概要

 スマートロックとは、スマートフォンなどの機器を用いて既存の鍵の開閉・管理を行うシステムのこと。

 スマートフォンのアプリなどを使用することで、スマートフォンそのものが鍵の役割を果たす。物理的な鍵を携帯する必要がないため鍵の紛失や、ホテルなど一時的に鍵を受け渡す場合などで利便性が高い。

 なおAndroidスマートフォンのロック解除を簡略化するスマートロック機能を指す場合もある。

背景

 たとえばオフィスやマンションのように不特定多数がひとつの出入り口を使う場合は、従来、管理者は利用する人数分の鍵を用意し、管理しなくてはならなかった。

 スマートフォンのアプリなどを使用することで、鍵は物理的に必要なくなり、鍵のシェアが可能になり、入室権限の資格や期間などの細かい管理も通信で遠隔から制御できるようになる。

 2015年以降に多くの製品が国内でも販売されており、住宅や店舗、民泊やシェアオフィスなどで広く普及が始まっている。

特長

実際に会うことなく鍵の受け渡しが可能。
鍵を多数でシェアできる。
鍵の紛失・盗難の恐れがない。
鍵の資格や期間などを制御できる。
入退などの履歴を記録/管理できる。

タイプ

・スマートフォン操作タイプ:専用アプリをインストールしたスマートフォンを操作するタイプ。

・ハンズフリータイプ:スマートフォンを持った人が接近するだけで鍵が開くタイプ。いちいちかざす必要がなく両手がふさがっている場合に便利。

・マルチデバイスタイプ:フィーチャーフォン、カードキー、指紋認証など、さまざまなデバイスを使えるタイプ。

一覧に戻る

「ビジネスの最適解」をお届けします 無料ダウンロード資料


メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集


イベント・セミナー情報


ICTコンサルティングセンタ

ページトップへ

close