用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

ルーター

概要

 ルーター(Router)とは、コンピューターネットワーク間でデータを中継する通信機器の総称。OSI参照モデル上では、IPパケット(第3層)をやり取りするのが基本機能で、データの転送先、転送ルートなどを選択・制御する役割を担っている。インターネット(TCP/IPネットワーク)を支える主要な通信機器として、基幹ネットワークで使われるものから、家庭で使われるものまで多様な種類が存在する。

機能

 ルーターの働きのなかで最も重要なものが「ルーティング」と呼ばれる処理。ルーターがパケット(データ)を受けとると、そこに含まれる宛先(IPアドレス)や経路情報などから、適切な転送経路と次の転送すべき通信機器を決定してパケットを送信する。ルーターが高速にかつ最適なルーティングを行うことによって、パケットは多数のネットワークを経由し、適切なルートを通って、正しい宛先に届くことになる。

 こうしたルーティング機能の他にも、ルーターには多くの機能や役割を担っている。

 代表的なものをあげると

 NAT(Network Address Translation)/NAPT(Network Address Port Translation)機能は、インターネットとオフィスや家庭などのプライベートネットワーク間において、アドレスやポートの変換を行うことで相互通信を可能にしている。また、パケットの制御を行うパケットフィルタリング機能、通信の種類によって優先順位をつける帯域制御機能、サービス品質を維持するQoS制御機能、障害に備えた冗長化機能など、ルーティングにとどまらず多様な機能を有している。

種類

 コアルーターは、通信事業者などの基幹ネットワーク間の接続・転送・中継に用いられる。高性能、高信頼性、拡張性、冗長性などの特長を備えている。

 エッジルーターは、基幹ネットワークと外部のローカルネットワークの境界の接続・中継に用いられるルーターである。WANなどの基幹側から見て端(エッジ)にあるのでこの名がある。家庭向けのブロードバンド・ルーターは、エッジルーターの一種と言える。

一覧に戻る

メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集


イベント・セミナー情報


ICTコンサルティングセンタ

ページトップへ

close