用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

ペアリング

概要

 ペアリング(Pairing)とは、ICTの分野ではBluetoothによってデバイスとデバイスの間で相互登録し接続設定する仕組みのことを指す。

背景

 Bluetoothにおいて、通信に先立ってデバイス同士を互いに認証させておく行為がペアリングである。最初に1度ペアリングを行っておけば、次回からは自動的に接続が完了し通信が可能になる。その都度の接続設定が不要で、接続が容易なため、パソコンとマウスやキーボード、スマートフォンとワイヤレスイヤホン、スマートウォッチなどの無線接続に使用される例が多い。

ペアリングの種類

 Bluetooth はバージョンアップに伴って、ペアリングの種類も増えている。

 「マルチペアリング」では、たとえば1台のBluetoothイヤホンでスマートフォン、タブレット、音楽プレーヤーといった複数の親機を登録し、設定を記憶させることができる。そのため都度ペアリングをする必要がなくスムーズに親機を切り換えることができる。

 「マルチポイント」は逆に、複数の親機で1台のBluetoothデバイスを共有できる機能。たとえば1台のBluetoothヘッドセットに2台のスマホを同時接続しておけば、どちらのスマホに着信があってもBluetoothヘッドセットで通話が可能になる。

 Bluetooth の仕様では接続可能なプロファイルが規定されており、たとえばBluetoothイヤホンとスピーカーは同時に2台接続することができない。新たに登場した「デュアルBluetooth」は、同じプロファイルのBluetooth機器でも同時に使用でき、例えば音楽をイヤホンとスピーカーから同時に流すことも可能となる。

一覧に戻る

「ビジネスの最適解」をお届けします 無料ダウンロード資料


メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集


イベント・セミナー情報


ICTコンサルティングセンタ

ページトップへ

close