用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

NDA

概要

 NDA(Non-Disclosure Agreement=秘密保持契約)は、営業秘密や個人情報など業務に関連して知り得た情報を第三者に開示・漏えいしないことを取り決めた契約のこと。知り得た情報の目的以外での利用禁止が定められることも多い。機密保持契約、守秘義務契約ともいう。

締結の必要性

 共同開発契約、ライセンス契約、M&Aなど、重要な営業秘密を契約の相手方に開示する必要がある場合や、社員が重要な営業秘密を取り扱う場合などに結ばれる。

 システム開発などでは、要件定義やシステム設計を行うため、業務内容やノウハウの共有システム構成の開示などを行う。そのためNDAを事前に締結しておく必要がある。その際は、内容や期間、契約の当事者、片務契約か双務契約か、情報管理担当者、損害賠償、調査権限、裁判所の管轄などを明確にしておかなければならない。情報の複製の禁止や業務終了後の資料の返還や破棄を定めるケースもある。

違反した場合

 契約上の義務であるため、違反した場合には差し止めや損害賠償請求など民事訴訟の対象となるが、不正競争防止法や個人情報保護法などの法律に違反すれば罰せられる場合もある。

一覧に戻る

「ビジネスの最適解」をお届けします 無料ダウンロード資料


メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集


イベント・セミナー情報


ICTコンサルティングセンタ

ページトップへ

close