用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

MMS

概要

 MMSとは「Multimedia Messaging Service(マルチメディア・メッセージング・サービス)」の略で、いわゆるキャリアメールのこと。「@ezweb.ne.jp」や「@softbank.ne.jp」といったキャリアのメールアドレスを使用してテキスト、写真、動画などを送信できる。

 3GPPとOMA(オープン・モバイル・アライアンス)によって標準化されている国際規格である。日本国内では標準化より以前に、独自のキャリアメールとしてサービスインしていた経緯がある。

MMSとSMSの違い

 SMS(ショート・メッセージ・サービス)も、電話番号を利用してメッセージを送受信するサービスである。こちらは携帯電話の信号線(シグナリングチャネル)を使うため、データ量が軽く通信回線に負担をかけないという特長がある。その分、かつては文字数には制限(約70文字)があったが、今日では機種によっては670文字程度の送信が可能になっている。

 また個人認証に使われることも増えている。SMSにパスワードを送る「SMS認証」ではセキュリティコード(認証コード/ログインコード)の送受信用に使われる。

 MMSはカメラつき携帯電話の普及に伴って登場した。MMSは携帯電話のデータ通信回線を使うため送信できるテキスト量は大幅に増え、写真や動画はもちろんのこと、音声、リッチテキストなどの送受信に対応した。

 同キャリア内では携帯電話番号のみで送信可能であり、またEメールアドレス宛にも送信できる。スマホや携帯電話間だけではなく、タブレットやパソコンなどとも送受信が可能である。

一覧に戻る

「ビジネスの最適解」をお届けします 無料ダウンロード資料


メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集


イベント・セミナー情報


ICTコンサルティングセンタ

ページトップへ

close