用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

IPv6

概要

 IPv6(Internet Protocol Version 6)は、インターネットに接続されたコンピューター同士のデータ通信の方法を定めたIP(Internet Protocol)の仕様の1つ。従来使われていたIPv4のアドレス空間の不足、セキュリティ対策、高速通信といった機能の不足に対応するために登場した。

特長

 IPv6の最大の特長は広大なIPアドレス空間である。

 インターネット接続デバイスが飛躍的に増加を続けるなか、IPアドレスの枯渇が警告されてきた。

 従来のIPv4はIPアドレスを32ビットで表現しているため、IPアドレス総数は2の32乗個となり、インターネットに約42億台までしか接続できなかった。IPv6では128ビットで表現しているため2の128乗、約3.40×10の38乗個という、事実上無限に近い数のIPアドレスの割り当てが可能になった。

普及への課題

 IPv6はIPv4と互換性がなく、IPv4のみに対応した機器や通信サービスとは直接通信できない。現在でもIPv4のみ対応の機器やシステムが多く稼動していること、IPv6に対応したネットワークを新たに構築するのに等しいなど、導入や普及への課題はいまだ多い。

 そこで移行期の対策として、MAP-EやDS-Liteといった技術を使用したIPv4 over IPv6により、IPv4の通信をIPv6上でも行えるようになっている。例えば機器がIPv4にしか対応していない場合でも、IPv6ネットワークを経由しつつIPv4でのWebサイトやWebサービスの利用が可能になる。

一覧に戻る

「ビジネスの最適解」をお届けします 無料ダウンロード資料


メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集


イベント・セミナー情報


ICTコンサルティングセンタ

ページトップへ

close