用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

イーサリアル

概要

 イーサリアル(Ethereal)は、ネットワーク上を流れるパケットを解析して表示するフリーのプロトコルアナライザソフトウェア。Gerald Combsによって開発された。現在はWiresharkと改名し、オープンソースとして公開されている。この分野では最も人気の高いソフトウェアの1つである。

歴史

 Etherealは1998年にGPLで公開された。Gerald Combssなどの開発者の移籍後、2006年6月にプロジェクトを変更しWiresharkとして提供を開始した。

 Wiresharkは、http://www.wireshark.org/などからフリーソフトウェアとして配付されている。

特長

 WiresharkはIP、DHCPなど800以上のプロトコルを解析できる。競合ソフトであるtcpdumpと比較してGUIによる操作性、TCPストリームの再現性などに優れているとされる。

 この他にもWindows、Linux、BSD、macOSなどで利用でき、他のアナライザで記録したファイルを読み込む事ができる。Sniffer Proやtcpdumpをはじめ多くのファイル形式に対応するなど互換性にも優れている。

 機能としては、選択したネットワークを流れるパケットをリアルタイムでリスト表示できるほか、プロトコルやポート、IPアドレスなどの条件を組み合わせてフィルタリングしたり、指定したルールに従って表示することも可能。

 ネットワーク管理者が通信状態を監視したり、障害やトラブルが発生した際に原因究明に利用する。ネットワーク開発時には、動作検証や不具合の原因究明にも用いることができる。

一覧に戻る

「ビジネスの最適解」をお届けします 無料ダウンロード資料


メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集


イベント・セミナー情報


ICTコンサルティングセンタ

ページトップへ

close