用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

エッジ・コンピューティング

概要

 エッジ・コンピューティングは、「データ集中や通信環境により処理時間がかかる」というクラウド・コンピューティングの課題に対し、端末本体あるいはその近くでデータ処理する手法を言う。エッジでデータを最適化処理し、クラウドには必要なデータだけを送信することで諸問題を解決する。

背景

 IoTや無線通信ネットワークの進展により、自動車、工場の生産ライン、監視カメラ、センサーなど世の中のあらゆるものがネットワークにつながる。エッジとはこうしたIoTなどの端末側で収集したデータを外部ネットワークに送り出すポイントのことを指す。

 エッジ・コンピューティングと対をなすのがクラウド・コンピューティング(クラウド)で、今日ではクラウドにさまざまな処理を託すことが一般的となっている。しかし、さまざまな機器が処理すべきデータの量が爆発的に増加するなか、すべての情報をクラウドに集約するのでは、「クラウド側の処理に時間がかかる」「通信環境に遅延が発生する」「リアルタイム性に欠ける」などの課題が顕在化してきた。そこでエッジ側で必要な情報を処理し、クラウドでは必要なデータだけを送信し処理させる「エッジ・コンピューティング」という概念が生まれた。

 車載機器や制御機器などに、より高いレベルの処理スピードとレスポンスが求められるが、エッジ・コンピューティングはリアルタイムに近い応答が可能になる。また外部ネットワークを介さないため、データ漏えいリスクを抑えることができる。

ポイント

 従来クラウドで行っていたAIによる認識と判定機能を、エッジ側の機器に搭載し高速化するエッジAIもさかんに導入されている。

一覧に戻る

「ビジネスの最適解」をお届けします 無料ダウンロード資料


メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集


イベント・セミナー情報


ICTコンサルティングセンタ

ページトップへ

close