用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

DHCP

概要

 DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)はTCP/IP通信において、IPアドレスなど通信用の基本的な設定を自動的に行うための仕組み。

機能

 DHCP以前はIPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ、DNSサーバーのアドレスをその都度設定する必要があった。DHCPを使用することでこうした設定パラメータを自動的に割り当てられるため、コンピューターなどの端末を接続するだけで簡単にネットワーク接続ができる。ネットワーク管理者も利用者も手間が軽減できるという利点がある。

DHCPの仕組み

 DHCPはDHCPサーバーとDHCPクライアントで構成される。DHCPサーバーの機能は、サーバーをはじめ、ルーターやスイッチなどのネットワーク機器に標準で搭載されている。またDHCPクライアントの機能は、ほとんどのOSに標準で搭載されている。

 DHCPによるIPの動的割り当ては以下の手順で行われる

・ネットワークに接続したDHCPクライアントからDHCPディスカバーというメッセージをネットワーク全体に問い合わせる。
・DHCPサーバーはあらかじめ作られた設定表をもとに、IPアドレスのDHCPオファーを返す。
・DHCPクライアントはそのIPを使用することをネットワーク全体に通知(DHCPリクエスト)する。
・DHCPサーバーは使用するIPアドレスなどの設定情報を確認するためにDHCPアックを送信する。
・これでDHCPクライアントは通信が可能になる。

一覧に戻る

「ビジネスの最適解」をお届けします 無料ダウンロード資料


メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集


イベント・セミナー情報


ICTコンサルティングセンタ

ページトップへ

close