用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

ARP

概要

 ARP(Address Resolution Protocol)は、IPアドレスからネットワーク上のMACアドレスを求めるためのプロトコル。「アープ」と呼ばれる。

背景

 イーサネット上の機器間の物理的な通信では、IPアドレスではなく、機器固有のMACアドレスという物理アドレスが使われる。そこでIPアドレスから宛先のMACアドレスを調べる処理が必要になる。

仕組み

・データの送信側のコンピューターは宛先IPアドレスのMACアドレスを問い合わせるARPリクエストを、セグメントのコンピューターにブロードキャストする。
・このリクエストに対して、指定されたIPアドレスを持っているコンピューターはMACアドレスを送信側に通知する(ARPリプライ)。
・これにより送信元はMACアドレスを入手し、イーサネット上で通信が可能になる。

 この手順を都度行っているとネットワークがARPの通信で占拠されてしまう。そこで各マシンがそれぞれIPアドレスとMACアドレスの対応を記録したARPテーブルを持ち、それを参照して送信する。またMACアドレスは変わらないが、IPアドレスはしばしば変更されることがあるため、ARPテーブルは一定時間が経つとクリアされ、できるだけ最新の状態を保つ工夫がされている。

一覧に戻る

「ビジネスの最適解」をお届けします 無料ダウンロード資料


メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集


イベント・セミナー情報


ICTコンサルティングセンタ

ページトップへ

close