用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

Apache

概要

 Apache(アパッチ)はApache HTTP Serverの略称。Webサーバーを構築するためのWebサーバーソフトウェアである。オープンソースのフリーソフトウェアで、商用のWebサーバーでも無料で利用できるほか、機能や性能に優れていることから、世界で最も広く利用されているWebサーバープリケーションとして知られている。

歴史

 1995 年にNCSAでApache の原型となるWebサーバーの開発が始まった。それ以降、Apacheソフトウェア財団の支援のもと、開発者のオープンコミュニティによって開発・保守が進められている。

特長

・オープンソースなので無償で使用できる。
・LinuxだけでなくWindowsなど複数のサーバーOS上で利用できる。
・モジュールにより機能の拡張が容易に行える。
・高速化表示対策が行われ動作が軽快で安定している。
・約20年間オープンソースとしてバージョンアップした結果、高信頼性で使い勝手が良い。 
・コミュニティと技術情報の蓄積によりトラブル時でも安心であり、セキュリティ対策も随時更新される。
・近年のWeb構築や運用に必須となっているCMS(Contents Management System)を利用しやすい。
・レンタルサーバープランに標準で組み込まれていることが多い。
などである。

一覧に戻る

「ビジネスの最適解」をお届けします 無料ダウンロード資料


メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集


イベント・セミナー情報


ICTコンサルティングセンタ

ページトップへ

close