2021.11.12 (Fri)

NTT東日本社員が語る、ビジネス成功のヒント(第6回)

NTT東日本グループの海外での取り組みとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 本サイト(BizDrive)を運営するNTT東日本グループは国内通信事業に限らず、海外においても現地のパートナーと連携し通信を中心とした事業に取り組んでいます。

 今回はNTT東日本グループが取り組む海外での事業事例をご紹介します。

NTT東日本の国際活動の歴史

図1 ビンズオン省

 NTT東日本の国際活動は、国際協力と海外事業の二面で取り組んでまいりました。

 国際協力の歴史は古く、開発途上国の情報通信分野の発展に寄与することを目的として、技術協力専門家派遣、青年海外協力隊員派遣支援を1960年から行ってきました。NTT東日本からの派遣実績は累計89名に及びます。海外事業においては、ベトナム・インドネシアとの共同事業プロジェクトを実施し、リレーションを築いてきました。

 このように、50年以上にわたり培われた、海外キャリアや政府機関などとの信頼関係に基づくパートナーリングが、現在の活動の礎となっています。ここでは、現在、ベトナム南部ビンズオン省(図1)で行っている取り組みを紹介します。

ビンズオン省スマートシティ化に向けたICTインフラ整備プロジェクト

 ベトナムでは近年、各自治体がスマートシティ化を目指した取り組みを進めています。ベトナム最大の都市であるホーチミン市に隣接するビンズオン省でも、同省の公営デベロッパーであるBecamex IDC Corp.(ベカメックス IDC社 以下、BECAMEX)が中心となってスマートシティ化の実現に向けて取り組んでいます。BECAMEXは1976年の設立以来、工業団地や住宅地、都市交通インフラ等の整備を進めてきました。

 一方で、NTT東日本は、グループ会社であるNTTイーアジアを通じて、約24万回線の電気通信網の建設および事業運営指導や、NTTイーアジアとVietnam Post and Telecommunications Groupとの合弁会社であるOCG Technology Joint Stock Companyを通じたクラウドゲーム卸事業の推進等、ベトナム国内におけるビジネス展開を行ってきました。

 このような背景の中、2018年3月26日、NTT東日本は、BECAMEXと、ビンズオン省のスマートシティ化早期実現に向けた通信・ICT分野における協力について、覚書を締結しました(図2)。

図2 ビンズオン省における覚書締結の様子(2018年3月28日)

 本覚書に基づいて、それぞれの子会社であるNTTイーアジアとVNTT(※1)にて、BECAMEX開発エリアで光回線及びクラウドWi-Fiを提供する15年間の共同事業プロジェクトについて事業協力契約(BCC)を締結、2019年1月より事業を開始しました。

 本プロジェクトの中で、NTT東日本は、日本国内での経験・ノウハウを活用し、高品質な光回線設備の新規構築や、既設設備の品質改善に向けた技術支援、研修を実施しています。

※1 BECAMEXとVietnam Post and Telecommunications Groupとの合弁会社。正式名称はVietnam Technology & Telecommunications Joint Stock Company

技術支援・研修の取り組み

技術支援としてまずは、需要に合わせた光アクセスの設計方針、品質確保に向けた施工方針の策定を実施しました。NTT東日本の社員が現地を綿密に視察し、現地の施工環境と運用性を考慮した方針を策定しました。また施工プロセス全体の支援として、実際にNTT東日本社員が現場に張り付き、着工前打ち合わせ、施工前トレーニング、および工事品質確認をおこないました(図3)。加えて、毎回立会することなく一定品質で工事が行われる様、工事規格の制定を支援しています。

図3 光回線設備の施工と品質改善(現地研修)

 また、既設設備の品質改善を目的として、設備点検、改修の研修も実施しました。本研修は日本で実施し、VNTTのインストラクタとなる主要技術メンバに来日してもらい、実際にNTT東日本の現場を視察することで、理解を深めてもらいました(図4)。

図4 VNTTインストラクタ育成(来日研修)

 クラウドWiFiサービス(J-WIFI)の提供に向けては、機器の設定変更、故障対応を遠隔で実施できるサポートセンタを現地に立ち上げるため、NTT東日本が長年培ってきたサポートセンタ構築ノウハウを伝える研修を実施しました。

 最近ではコロナ禍で渡航がままならない中、遠隔で、日本にいる講師(NTT東日本社員)とVNTT営業メンバを結び、販売強化を目的としたオンライン研修を実施しました。今後は現地でアウトバウンド営業を実施する支援をしていく予定です。

 これからも、NTT東日本は、本活動を通じて、現地の通信設備の拡充、通信品質の改善に貢献すべく、支援を継続していく予定です。また、ビンズオン省を始めとしたBECAMEX開発エリアをターゲットに、NTTグループのソリューションを展開していくことで、スマートシティ化の早期実現を目指していきます。

 海外進出、ベトナム進出に関心をお持ちの方に向けて、本取り組みも含めた紹介を行なうセミナーが開催される予定です。ご興味のある方は是非ご参加ください。

ベトナム南部ビンズオン省投資環境オンラインセミナーの概要

■開催日時
2021年11月30日(火) 
開始時間 日本時間13:30~16:30(ベトナム時間11:30~14:30)

■申込方法及びセミナー内容:以下ホームページよりご登録ください。
URL: https://www.cando-now.com/becamex/seminar/20211130binhduong.html

■視聴方法
Zoom
※参加には事前のご登録が必要です。

■参加費:無料 

■使用言語:日本語 ベトナム語(同時通訳あり)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

「ビジネスの最適解」をお届けします 無料ダウンロード資料


メルマガ登録


経営力向上セミナー


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集


イベント・セミナー情報


ICTコンサルティングセンタ

ページトップへ

close