2021.10.25 (Mon)

【特集】経営力向上セミナー(第4回)

カインズが“デジタル”ホームセンター、新しい顧客体験を提供

posted by 杉山 俊幸 【日経BP 総合研究所 presents「経営力向上セミナー」】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 IT小売企業。もちろん造語だが、そんな会社像を社内外に打ち出すのが、ホームセンター大手のカインズだ。広い店内で目的の商品の置き場所がすぐ分かる、ネットで注文し店頭でピックアップ──。品ぞろえ豊富なホームセンターでの買いものを、手のひらにあるスマートフォンのアプリで新しい顧客体験へと変えていく。営業時間外のピックアップ可能店舗もあるというからなお便利だ。無人店舗も視野に入る。デジタル戦略本部長の池照直樹氏が進めるのは、小売り店舗のDX(デジタルトランスフォーメーション)。そこではリアルとネットという区別すら意味を持たない。主役となるITエンジニアを積極採用し、快適に働いてもらうため、別会社まで作ってみせた。小売りの未来がここにある。

カインズ
執行役員 CDO 兼 デジタル戦略本部長
池照 直樹氏

 

 ともすれば、買いものというのはわずらわしい作業なのかもしれない。広い店内、それはそれなりに開放感もあるが、ほしい商品がどこにあるのか分かりづらい。ショッピングカートを押して動き回るのもなかなか面倒だ。30分ほどかけてクルマで来店したのに、欲しい商品は売り切れていた。そんな経験をした読者の方々も少なくなかろう。

「2周も、3周も遅れていますね」

日経BP 総合研究所 主席研究員
杉山 俊幸

 わずらわしさの解消から、エモーショナルな体験の創造へ──。デジタル技術を使って、そんな変革を進めるのが、ホームセンター大手のカインズ執行役員、池照直樹氏である。CDO(最高デジタル責任者)兼デジタル戦略本部長の職にある。文字通り、カインズ店舗のデジタル化に責任を持つ。

 「2周も、3周も遅れていますね、日本は」

 池照氏は、カインズ社長だった土屋裕雅氏(現会長)から、こんなことを言われた。2017年、米ラスベガスで開かれた、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)のグローバルカンファレンス「AWS re:Invent 2017」に参加したときのことである。米国で進化する小売りのデジタル化に舌を巻いた。2泊4日のタイトなスケジュール、最後の夜のことだった。

 なにもしないことが最大のリスク。それが土屋氏の危機感だった。当時の池照氏は、カインズの顧問。19年7月にデジタル戦略本部が立ち上がるのと同時に、カインズに入社し、その本部長に就いた。

まず、顧客戦略

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
杉山 俊幸 【日経BP 総合研究所 presents「経営力向上セミナー」】

杉山 俊幸 【日経BP 総合研究所 presents「経営力向上セミナー」】

日経BP入社後、日経ビジネス副編集長を経て、2010年9月に日経ネットマーケティング(現日経クロストレンド)編集長。2014年1月、日経ビックデータラボ所長兼日経ビックデータ発行人。日経クロストレンド発行人を経て、 2019年4月から同特別編集委員。2020年1月から日経BP 総合研究所 主席研究員。

「ビジネスの最適解」をお届けします 無料ダウンロード資料


メルマガ登録


経営力向上セミナー


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集


イベント・セミナー情報


ICTコンサルティングセンタ

ページトップへ

close