2021.10.15 (Fri)

【特集】経営力向上セミナー(第2回)

DXでめざす、昔ながらの個人商店―ツルハ鶴羽社長、旭川から全国を臨む

posted by 杉山 俊幸 【日経BP 総合研究所 presents「経営力向上セミナー」】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 北海道発祥の小売り企業が、売上高1兆円の大台に迫っている。その1社、ツルハホールディングスは積極的な新規出店と合併・買収(M&A)を企業成長の源泉として、競争激化のドラッグストア業界で1位に肉薄する勢いだ。2020年6月に社長となった鶴羽順氏にとって、2021年5月期決算は初めての“通信簿”。連結売上高は9193億円で前期比9.3%増、連結営業利益は483億円で同7.5%増との結果だった。店舗のDX(デジタルトランスフォーメーション)にも積極的な鶴羽氏によれば、「デジタル化の目的は個人商店に戻ること」と言う。どういう意味か。初めての動画インタビューで、その真意を語った。

ツルハホールディングス
代表取締役社長
鶴羽 順 氏

 

 北海道を発祥として、全国規模で事業展開する小売り企業が元気だ。ニトリホールディングスは、ホームセンタ-の島忠の買収に成功し、来年2月期に連結売上高8736億円を見込む。一歩先ゆくツルハホールディングスは今年5月期に連結売上高で9193億円と、1兆円に“王手”をかけた。

売上高1兆円、目標を1年前倒しで

 売上高1兆円、全国の店舗数3000店──。それを2024年5月期に達成すると表明してきたツルハホールディングス。社長になった鶴羽順社長に、それは可能かと問えば、「店舗数は少し足りないかもしれませんが、売上高の方は1年前倒しでの実現が可能かもしれません」と答えた。確かに、足元の業績は好調だ。

 そうした勢いを支えるのは、積極的な合併・買収(M&A)である。現在主要な事業会社は7社で、うち6社が買収によってグループ入りしている。07年に千葉県のくすりの福太郎を子会社化し、続いて09年には島根県のウェルネス湖北、13年には広島県のハーティウォンツ、15年には愛媛県のレデイ薬局、17年には静岡県の杏林堂薬局、18年にはビー・アンド・ディー、そして昨年、福岡県のJR九州ドラッグイレブン(現ドラッグイレブン)を子会社にしている。なおハーティウォンツとウェルネス湖北は15年に合併し、現在の社名はツルハグループドラッグ&ファーマシー西日本(TGN)となっている。

 結果、全国で40の都道府県で店舗を構える体制を整えた。特徴は、買収先の状況に応じて屋号を変えたり、あるいは残したりする柔軟な対応である。資本の力による統制というより、緩やかな連邦経営とでも表現しようか。

福岡で「ドラッグイレブン」の屋号はあまりに有名

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
杉山 俊幸 【日経BP 総合研究所 presents「経営力向上セミナー」】

杉山 俊幸 【日経BP 総合研究所 presents「経営力向上セミナー」】

日経BP入社後、日経ビジネス副編集長を経て、2010年9月に日経ネットマーケティング(現日経クロストレンド)編集長。2014年1月、日経ビックデータラボ所長兼日経ビックデータ発行人。日経クロストレンド発行人を経て、 2019年4月から同特別編集委員。2020年1月から日経BP 総合研究所 主席研究員。

「ビジネスの最適解」をお届けします 無料ダウンロード資料


メルマガ登録


経営力向上セミナー


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集


イベント・セミナー情報


ICTコンサルティングセンタ

ページトップへ

close