企業のデジタルシフト(第16回)

なぜか人が集まるWebセミナーの秘訣

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 コロナによって爆発的に広まったウェビナー(Webセミナー)ですが、在宅勤務の長期化に伴って「ウェビナーは飽きた」「中身がなくてつまらない」との声も聞こえるようになってきました。目新しさがなくなり、新規参加者の獲得が難しくなってきたいまだからこそ知りたい、「人が集まるウェビナー」の鉄則を紹介します。

加速するビジネスパーソンの「ウェビナー離れ」

 いま、ビジネスパーソンの「ウェビナー離れ」が加速しています。企業のコンテンツマーケティングを支援するファストマーケティングの調査によると、ウェビナー開催に関する情報が多すぎて「選ぶのに疲れてしまった」「面倒に感じてしまった」と回答した会社員が約7割いることがわかっています。ほかに、「今年参加したウェビナーで役に立ったと思うのは3割未満」「内容がつまらなくて半分も視聴せず退場した経験がある人は約半数」など、ウェビナー主催者にとっては厳しい調査結果が並びました。

 ウェビナー離れを引き起こす要因のひとつとなったのが、質の低いコンテンツが量産されたことです。1回目の緊急事態宣言発出時、突如として外出しにくい状況になり、多くの企業が、顧客との接点を獲得するための営業手段としてウェビナーを開催し始めました。なかには、これまで一度もセミナーを実施したことがない企業や、オンラインの知見がほとんどない企業もあり、「潜在顧客の情報獲得だけが目的の中身がないセミナー」や「段取りや通信状況が極端に悪いセミナー」が量産されるという事態に陥ってしまったのです。ほかに、長引くコロナ禍によって当初の物珍しさや新鮮味がなくなってしまったこと、対面に対する回帰心理が生まれていることも影響していると見てよいでしょう。

 これからは、オンラインのツボを押さえた、中身のあるウェビナーを企画しなければ集客できません。顧客情報の獲得ばかりを考えたうわべだけのウェビナーはやめて、参加者に十分なメリットと満足感を提供し、それを企業のイメージアップにつなげていくような、中長期的な視点でのウェビナーを考えていく必要がありそうです。

成功するウェビナーに共通する「3つの鉄則」とは

 いまも集客に成功しているウェビナー、支持されているウェビナーには、どのような特徴があるのでしょうか? 共通の成功ポイントを紐解いていきましょう。

(1)プレゼンターの質が高い
 ウェビナーでスムーズにファシリテートやプレゼンテーションを行うには、それなりの経験とノウハウが必要です。「ハキハキとテンポよく話す」「できるだけ噛まない」などの基本的事項に加え、「表情はやや大げさ」「トークのスピードはやや速め」「座談会やディスカッションを行うときは、話者の名前をしっかり読んで極力均等に話を振る」「マイクやカメラのON/OFFなどの機能を柔軟に使いこなす」など、ウェビナーに最適化した話し方や場回しができる人をアサインするとよいでしょう。また、単なる資料の読み上げにならないよう、「自分の言葉で話す力がある人」「知見のある人」を選ぶことも大切です。ウェビナーは、対面に比べ「ながら視聴」の参加者が多く、集中力が途切れやすいもの。ですから、要所でうまく視聴者を引き付けるような投げかけができる人が適しています。

(2)単なる商材紹介や一般論の解説ではなく、「有益な情報」が充実している
 「半分以上が自社の商材紹介」というウェビナーは、視聴者から敬遠されがちです。ウェビナーは商品やソリューションを売る場ではなく、あくまでナレッジシェアの場として考えましょう。商材の紹介は全体の1~2割以下に留め、独自のデータや具体的な施策、詳細な事例などを、出し惜しみせずに公開するとよいでしょう。社内外の有識者がノウハウや今後の展望について語るようなプログラム、著名人をゲストに招いてディスカッション形式で行われるウェビナーなどは比較的人気が高く、安定した集客が期待できます。

(3)バナーとウェビナーの内容が乖離していない
 バナーや告知ページだけがよくできているウェビナーは、視聴者のガッカリ感を誘発しやすいので注意しましょう。集客を意識してバナーをつくり込むのではなく、まずウェビナーのプログラムを練り込んで内容に適したバナーをつくり、結果的によいバナーができたということでなければうまくいきません。リピーターや企業のファンを生むようなウェビナーは、「嘘や誇張がない」「齟齬や乖離がない」ことが鉄則です。

 最近では、ウェビナーに特化したコンサルティング企業やコンテンツ制作企業、配信スタジオも出てきています。こうした支援企業を利用すれば、例えばプレゼンテーターのトーク画面にリアルタイムで文字やイラストを重ねたり、スムーズに映像を挟み込む、カメラを切り替えるなど、より高度な演出をすることも可能です。場合によってはプロの力を借りつつ、きっちりと質の高いウェビナーを実施して、評判が広がり新規の顧客が増えていくような、ブランディングにつながるウェビナーを展開しましょう。

オンラインならではの工夫で注目された、アドビのウェビナー

 最後に、3つの成功ポイントを実践しつつ結果を出し、話題となった、アドビのウェビナー「Adobe Experience Makers Live 2020」を紹介しましょう。こちらのウェビナーは、企画の段階で「リアルイベントをそのままオンラインに持って行くのはやめよう」と決めて、「ナビゲーターに著名人を起用」「セッションの間にトークを挟むなどノンストップのライブ配信プログラムを展開」「ながら見の視聴者を取りこぼさないよう、録画を公開する」など、随所にオンラインならではの工夫を盛り込みました。

 オンラインが当たり前になったいまだからこそ、対面を上回る、オンラインでしかできないようなウェビナー体験を。「集客がうまくいかない」「離脱者が多い」などの悩みがある場合は、まず、ウェビナーの内容を見直し充実させるところから始めましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

「ビジネスの最適解」をお届けします 無料ダウンロード資料


メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集


イベント・セミナー情報


ICTコンサルティングセンタ

ページトップへ

close